闇金被害の実態とは?

闇金被害の実態とは?記事一覧

闇金の実態

闇金は、シンプルに言えば違法な金融業者のことです。法律で決まっている金利をはるかに超える金利でお金を貸して、脅したり暴力をふるって取り立てることで被害者を追い詰めるのです。現在、この闇金業者が増えてきています。法規制などで一時期は衰退しつつありましたが、総量規制により消費者金融などからお金を借りにく...

≫続きを読む

 

金利がどんどん上がる理由は?

闇金の定義はいろいろありますが、一般的には「出資法に違反した金利で金を貸している業者」を指しています。出資法とは、お金を貸すときの上限金利を定めた法律です。現在の上限は年20.0%となっており、この上限金利を超える金利を取ると「10年以下の懲役、罰金3000万円、法人両罰1億円以下」という極めて厳し...

≫続きを読む

 

厳しい取り立てによって返済させられる

闇金の金利は出資法に違反しており、とてつもなく高くなりますが、そのかわり貸し付ける金額は少額のことが多いです。個人の場合は、1万5000円~5万円ほどで、高くても10万円くらい、事業者が相手でも50万円~100万円程度の場合が一般的です。このときは、闇金もやさしく対応し、すんなりお金を貸してくれます...

≫続きを読む

 

多様化する闇金~システム金融・090金融~

闇金にはいろいろな種類があります。借り手をだまして金を巻き上げるさまざまな手法が登場してきているのです。闇金にはどんな手法があるのか、一般的なものを紹介します。システム金融事業者を狙った闇金で、資金繰りが難しくなっている経営者に電話などで借金を勧誘します。システム金融の場合、事業者から担保として手形...

≫続きを読む

 

闇金以外にも多重債務者を狙う業者はある

直接お金を貸すわけではないので「闇金」とは異なりますが、借金に苦しむ人を食い物にしようとする業者がいます。紹介屋・整理屋サラ金や闇金から借金している多重債務の人に、「借金は1つにまとめたほうがオトクですよ」などとそそのかして別の金融屋を紹介する手法です。当然紹介先の金融屋は「闇金」となり、法外な利息...

≫続きを読む